サイトマップ

進路指導

 
4つの柱
(1)個別面談…進路に対する共通理解を深めていきます。
(2)進路(大学)情報…進路意識を啓発していきます。
(3)キャリア教育…就労への意識を深めます。
(4)学習指導…目標を達成できる効果的方法などを指導します。
 
(1)個別面談
各学年の5月、9月、2月の3回実施しています。学校生活全般についての話し合いを行いますが、進路についての話し合いが中心の場合は進路面談といいます。
高等部進学に向けての2年生の2月は3者(保護者・担任・進路)による進路面談になります。そして、3年生の9月が最終的な高等部決定の4者面談(本人・保護者・担任・進路)になります。4年・5年次の面談は主に志望校選定などの進路面談が中心となります。
 
(2)          進路(大学)情報
(1)4年 大学授業体験(12月)
ノートテイク、パソコン要約筆記、手話通訳を付けての授業体験を行います。情報保障とは何かについて知ることを目的にしています。大学の90分授業を体験し、大学生活の疑似体験をします。
(2)5年 大学授業体験(6月) 
情報保障のある授業とない授業を比較体験する。手話やコミュニケーション方法を調べ、大学生の前で発表する。入学後の支援を受ける練習をします。
(3)4年・5年 筑波技術大学出前授業(5月)
大学説明と体験授業を行います。産業情報学科と総合デザイン学科を毎年交互に行います。
(4)4年 大学オープンキャンパス参加指導(7月)
大学のオープンキャンパスの参加する上でのポイントをつかむ指導をします。
(5)3年以上 大学生交流会(8月・12月)
本校出身者以外の大学生も参加します。系統別学部紹介や入試・大学生活・就職などの体験を発表します。
 
(3)キャリア教育
(1)1年 職場体験 (7月) 1日老人ホームでの体験を行います。
(2)2年 職場体験 (7月) 2日間下高井戸商店街の商店で職場体験を行います。
(3)4年 インターンシップ(1月~2月)
5日間の実習(ホテル・スーパーなど)を行います。指示理解を確実にするため筆談による確認をしています。進学の先にある就労について意識を深める体験です。
 
 
(4)5年 進路見学 (5月)
聴覚障害者の働く企業を見学して、話を聞きます。専攻科卒業生からは資格の取得について、大学卒業生からは学部・学科と仕事の関連など、就労に必要な力を理解します。
(5)3年 進路講演会 (7月)  6年 進路講演会 (3月)
働いている現場の人を呼んで就労体験を聞きます。障害者採用の現状と障害についての自己理解・企業理解などの説明を聞きます。
 
(4)学習指導
(1)授業外指導
a 学びの時間(朝20分) 
b 土曜補習(4年~6年各学年5回)
c 夏期講習(全学年 前期5日・後期5日)
d 課外補習(朝・放課後) 
 
(2)各種検定試験
1年から 漢字検定 英語検定  3年から ワープロ実務検定 日本語ワープロ検定 
4年から パソコン検定 簿記検定
5年から 情報処理技能検定(表計算) 文書デザイン検定 プレゼンテーション検定
 
(3)実力テスト(外部模擬試験)
1年~3年 創育社 年3回 希望者
3年               創育社 中高接続テスト 2回 本校高等部進学予定者全員
4年               代ゼミ 4年・5年は全員 6年は大学の受験型に合わせて参加
 
(4)校内学力テスト(4月と9月)
1年~3年(進学研究社) 4年~6年(学研)は全員参加します。
 
(5)各種検査
進学適性検査などを実施します。
 
 
〒168-0073 東京都杉並区下高井戸2-22-10
電話 : 03(5301)3031 ファクシミリ : 03(5301)3035
E-mail : S1000303@section.metro.tokyo.jp